情報化社会の問題点

 

今や世間はITによる情報化社会と言われているが、その社会がわたし達の生活にどの様な影響を与えたのであろうか。個人として一番大きいと思う変化はコミュニケーションツールである。

フェ イスブックやライン、スカイプやミクシィ等、何処でもどんな場所からでも友人や知らない人とのコミュニケーションが可能になった。昔の通信手段と言えば電 話や手紙、電報や無線等だった。疑問や問題を解決するにしてもインターネットを通じて解決する事の方が大きくなった。情報化社会に置いての落とし穴はイン ターネットの世界が全て正しく、中心に動いていると思い込んでしまう事である。今までネットを通して役に立った事や便利だった事を挙げて考えて見ると確か に豊富な情報のお陰で充実感を得られた事はたくさんある。

でも知らなくてもよかった事や、やる気を無くす情報も多々あった。例えば自分が創 作した作品をネットに公開した時、反応が得られなかったとすると自分には才能が無いのだと自信を喪失してモチベーションが落ちてしまう。これはネットでの 反応が全てだと思い込んでしまっている人間の典型的な落ち込み方だ。

顔や名前が見えないのをいい事に心無い誹謗中傷を投げ掛ける人もいれ ば、オンラインのみの繋がりだけなので仲良くなれても直ぐに交流が途絶えてしまう事もある。ITによる情報化社会はわたし達の生活に多大な影響力を与えて くれたが、逆にその世界だけに依存すると視野が狭くなってしまう恐れもあるのだ。

 Posted by at 7:44 PM